レンタルサーバー

Chrome 68から全ての非SSLサイトで警告が表示されるようになりました

レンタルサーバーに関するニュース

2018年7月リリースのChrome 68から全ての非SSLサイトで警告が表示されるようになりました。

「保護されていません」という警告表示が表示されることで、ユーザーからの信頼を損なわないよう、そしてより高いセキュリティを実現できるよう、いち早くWebサイトをSSL化することが重要です。

ここまで来たらサイトのSSL(https)化は必須です。

しかもGoogleも今後は非SSL(https)化サイトの順位を下げる準備をしていると噂されています。

mixhostのWordPressのSSL化代行サービス

そんな中レンタルサーバーのmixhostがWordPressサイトのSSL(https)化サービスを開始しました。

サービスの概要はmixhostで運用中のWordPressサイトを完全に代行してくれるサービスです。

基本料金は1サイトにつき8,980円(税別)で所要日数は通常お申込み後5営業日以内に対応となっています。

「WordPressをSSL化したいけど、なんだか難しそう・・・」「WordPressのSSL化を自分でやってみたけど上手くいかなかった・・・」という方はmixhostのWordPressのSSL化代行サービスを利用してみてはいかかでしょうか?

-レンタルサーバー
-,

Copyright© 格安レンタルサーバー徹底比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.