レンタルサーバー

初心者におすすめレンタルサーバーの選び方

投稿日:2017年12月5日 更新日:

レンタルサーバー

初心者にとって適切なレンタルサーバーを選んで契約するというのは難しいかも知れません。

ただ、いくつかのポイントを押さえてレンタルサーバーを探すと、それほど大きく外すということはありません。

初心者におすすめレンタルサーバーの選び方

この記事では初心者の方がレンタルサーバーを選ぶ際に大きく間違えることがないように、ポイントをまとめました。

ポイント

  1. WordPressが簡単にインストールできる
  2. WordPressサイトのSSL化が簡単にできる
  3. WordPressサイトの高速化が簡単にできる
  4. ディスクはSSD(Solid State Drive)
  5. 比較的安価に運用できる
  6. ディスク容量に余裕がある
  7. 転送容量が無制限
  8. マルチドメイン数が無制限

まずは、上記のことを意識してレンタルサーバーを探しましょう。

WordPressが簡単にインストールできる

これは実際にはほとんどのレンタルサーバーで簡単にインストールできるようになっています。
サイトのタイトルや管理者のID、パスワード、メールアドレスなどの必要事項を入力してほぼ「1クリック」すむのでそれほどレンタルサーバーによって変わることはありません。

WordPressサイトのSSL化が簡単にできる

今後はGoogleもはっきり宣言しているように「非SSLサイト」より「SSLサイト」が検索上位に行きやすいです。
最近では無料でSSL化に必要な証明書があり、簡単にセットアップできるレンタルサーバーが増えてきました。

WordPressサイトの高速化が簡単にできる

立ち上げたWordPressサイトをたくさんの人に見てもらうには、記事の内容が重要なのは言うまでもありませんが、実はWordPressサイトの表示速度も重要なのです。
WordPressサイトの表示が3秒以上になると、離脱率がぐっと上がります。
ただ、WordPressサイトの高速化はクセがあり、レンタルサーバーの環境とマッチしない場合もあるので要注意です。

ディスクはSSD(Solid State Drive)

これはWordPressサイトの表示速度を上げるのに大きく貢献してくれます。
できればディスクはSSD(Solid State Drive)を採用しているレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

比較的安価に運用できる

毎月のことなので、できれば安い方がいいですね。でも「安かろう、悪かろう」では困ります。

ディスク容量に余裕がある

動画や写真などを大量に扱うのであれば、始めから容量に余裕のあるレンタルサーバーを選択しましょう。

転送容量が無制限

WordPressサイトが育って、アクセスが増えて来たり、大量の動画や写真を扱うサイトではデータを送信する容量が大きくなります。
そんな時に転送容量の最大値を超えてしまうと「ページが表示できません」とエラーになり、サイト訪問者を逃すことになります。

できれば「転送容量が無制限」のレンタルサーバーを選んでおきましょう。

マルチドメイン数が無制限

いくつものWordPressサイトを運営するのであれば、そのサイトごとに設定できるドメインの数が必要になります。

できるだけ多く設定できるレンタルサーバーを選んでおきましょう。

当サイトおすすめのレンタルサーバー

上記の内容を踏まえて当サイトでおすすめするレンタルサーバーです。

mixhost


当サイトもmixhostでWordPressサイトを運営しています。
mixhostはSSDでマルチドメイン、転送容量、メールアドレスも無制限、しかもWordPressサイトが簡単に高速化できるLiteSpeed独自のキャッシュ機能LiteSpeed Cacheを標準で搭載しています。
SSL化は無料で行え、設定もドメインを設定する際に「https://」を選択するだけで自動でWordPressサイトを「SSL化」してくれます。
(WordPressログイン後に関連のプラグインを1つ有効化する必要はありますが難しい知識は不要です。)

レンタルサーバー プラン 初期費用 月額料金 ディスク容量 マルチドメイン データベース数 メールアドレス 月間転送容量 ディスク
mixhost スタンダード 0円 980円 30GB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
プレミアム 0円 1,980円 48GB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
ビジネス 0円 3,980円 72GB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
ビジネスプラス 0円 5,980円 96GB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD

エックスサーバー




エックスサーバーはWordPressサイトを運営する上で評判の高いレンタルサーバーの1つです。
高速処理性能と高い耐障害性を兼備した「SSD RAID10構成」でアクセス集中時も高速・安定のWebサーバー「nginx」が採用されています。
無料SSLも対応されており、実績としてはNo1のレンタルサーバーです。

レンタルサーバー プラン 初期費用 月額料金 ディスク容量 マルチドメイン データベース数 メールアドレス 月間転送容量 ディスク
エックスサーバー X10(スタンダード) 3,000円 900円 200GB 無制限 50個 無制限 無制限 SSD
X20(プレミアム) 3,000円 1,800円 300GB 無制限 70個 無制限 無制限 SSD
X30(プロ) 3,000円 3,600円 400GB 無制限 70個 無制限 無制限 SSD

Zenlogic




「Zenlogic(ゼンロジック)」はITの専門知識がなくても使えるレンタルサーバーです。
IT専門部門、IT担当者を持たない中小企業や個人事業主にも人気のレンタルサーバーです。

レンタルサーバー プラン 初期費用 月額料金 ディスク容量 マルチドメイン データベース数 メールアドレス 月間転送容量 ディスク
Zenlogic プランS 0円 1,186円 300GB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
プラン1 0円 3,300円 1TB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
プラン2 0円 5,300円 1TB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
プラン3 0円 7,500円 1TB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
プラン4 0円 9,300円 1TB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
プラン5 0円 11,500円 1TB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
プラン6 0円 13,700円 1TB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
プラン7 0円 22,600円 1TB 無制限 無制限 無制限 無制限 SSD
WordPressを使うならZenlogic

さくらのレンタルサーバー




目的に合わせて選べる2サービス7プランがあり、月額換算129円からの「さくらのレンタルサーバー」から、高速ストレージSSD搭載モデルなどを占有できる「さくらのマネージドサーバー」までさまざまな用途に対応できる全7プランのラインナップがあります。

レンタルサーバー プラン 初期費用 月額料金 ディスク容量 マルチドメイン データベース数 メールアドレス 月間転送容量 ディスク
さくらのレンタルサーバ ライト 1,029円 129円 10GB 20個 0個 無制限 記載なし HDD
スタンダード 1,029円 515円 100GB 20個 20個 無制限 記載なし HDD
プレミアム 1,029円 1,543円 200GB 30個 50個 無制限 記載なし HDD
ビジネス 5,142円 2,571円 300GB 40個 100個 無制限 記載なし HDD
ビジネスプロ 5,142円 4,628円 500GB 40個 200個 無制限 記載なし HDD
マネージドサーバ 48,600円〜 12,960円~ HDD700GB
SSD360GB
無制限 無制限 無制限 記載なし SSD

-レンタルサーバー
-

Copyright© 格安レンタルサーバー徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.