レンタルサーバー

レンタルサーバーを選ぶときに重要なポイント5つ

投稿日:2017年12月4日 更新日:

レンタルサーバー

レンタルサーバーを借りてWordPressでブログサイトを運営しようと思ったときに重要なことは?

レンタルサーバーを選ぶときに重要なポイント

実際にいくつかのレンタルサーバーをこれまでにレンタルしてきて、WordPressでブログサイトを運営する際に重要なことに気が付いた。

それは単純に「表示する速度が速い方がいい」ってこと。

せっかく検索されてクリックされても3秒以内に表示できないと見ないで去っていく人が増えるという。

そうなればどんあいい記事を書こうとも読んでももらえない。土俵にもあがれないってことです。

では、どんなレンタルサーバーが「表示速度が速い」のか?

ディスクはSSD(Solid State Disk)がいい

WordPressは要求を受け取ってから、そのページの内容をデータベースに問い合わせて、その結果でページを構成してブラウザーに返します。

ここで問題になるのはディスクの読み込み速度。これはできるだけ速い方がいい。とくにデータベースを保存しているディスクは高速で動作してくれないと困る。

こういったことから「ディスクが「HDD(Hard Disk Drive)」よりも「SSD(Solid State Disk)」を搭載したレンタルサーバーの方がおすすめです。

これでだけで体感速度は全然違います。

ページのキャッシュがやりやすい

WordPressのページを要求受けてから毎回作成させると、それだけで時間がもったいない。

ということで、よく行われるのがWordPressサイトの「ページキャッシュ」です。

これはアクセスされたときにその「ページ」をサーバーに保存しておき、次にそのページが要求されたときは保存しておいたキャッシュをブラウザーに返そうという機能です。

実際にはWrodPressのプラグインでこの機能を実現するのが簡単なのですが、契約したレンタルサーバーによってうまく動作しない場合もあります。

事前にどのレンタルサーバーとプラグインが相性が悪いのか調査してから契約した方がいいです。

HTTP/2に対応しているレンタルサーバー

現在の多くのWordPressのサイトはどんどん「SSL(Secure Sockets Layer)化」されていってます。

これは検索エンジンの超大手「Google」が「SSL(Secure Sockets Layer)化されたサイト」を推奨しており、少しでも検索順位を上げたいサイト運営者はどんどん自分の手持ちサイトを「SSL(Secure Sockets Layer)化」しています。

この「SSL(Secure Sockets Layer)化」されたサイトを高速に描画する新しいプロトコルが「HTTP/2」です。

「HTTP/2」に対応したレンタルサーバーではWordPressサイトの描画速度が速くなることが期待できるので、きちんと「HTTP/2」に対応しているかどうかを見てレンタルサーバーを契約することが大切です。

転送容量の制限

これはWordPressサイトが育ち、アクセスが増えてくると問題になるのですが、レンタルサーバーによっては特定の期間にブラウザーにデータを返せる容量を制限しているレンタルサーバーがあります。

できれば「転送容量無制限」のレンタルサーバーを最初から選択しておきましょう。

サポートの充実

最初は何かとトラブルに見舞われることもあるかもしれません。
そんな時に重要なのがサポート体制です。

できれば電話対応もあった方がいいですが、基本はメールでもその応答速度です。

メール投げても数日なにも返答がないといったレンタルサーバーでは困ります。

このサイトを運用しているmixhostは電話サポートはありませんが、メールを送信するとほぼ1時間以内にはで何らかの返信があります。
やはりこれくらいでないと、少し不安です。

当サイトのおすすめレンタルサーバー

これまでの内容を踏まえた当サイトでのおすすめレンタルサーバーです。

サーバー名 月額料金 容量 ディスク HTTP/2 転送容量 マルチドメイン
mixhost 980円~ 30GB~ SSD 無制限 無制限
エックスサーバー 900円~ 200GB~ SSD 無制限 無制限
wpXレンタルサーバー 1,00円~ 30GB SSD 記載なし 記載なし 記載なし

エックスサーバー

エックスサーバーの最大の特徴は高速性・機能性・安定性を兼ね備えたオールSSDのハイスペックサーバーということです。
快適なサイト運営をサポートする機能を多く備え、徹底された高品質のサーバー環境を、手ごろな料金で利用することができます。

エックスサーバーではWordPressサイトを運営するために必須の高速化に関して多くの取組みを行っています。
  1. 独自開発の高速・安定化機能「Xアクセラレータ」を搭載
  2. SSD RAID10構成
  3. 大量アクセスに強い「nginx」採用
  4. 総計942Gbps(2018年6月現在)の大容量バックボーンに接続
  X10X20X30
月額料金(税抜)900円1,800円3,600円
初期費用(税抜)3,000円3,000円3,000円
ディスク容量SSD 200GBSSD 300GBSSD 400GB
マルチドメイン無制限無制限無制限
メールアドレス無制限無制限無制限
MySQL50個70個70個
PHP7/PHP5対応対応対応
自動バックアップ標準搭載標準搭載標準搭載

mixhost

mixhostは稼働率99.99%の安定性や、国内最大級732Gbpsの高速バックボーン、Webアプリケーションからの侵入を防御するWAFや、メールやアップロードファイルのウイルススキャンなども特徴の一つです。
一般的なWebサーバーとして使用されるApacheよりも数十倍~数千倍高速で完全な互換性を持ち、HTTP/2に完全対応した「LiteSpeed Enterprise」を日本で初めて採用し、ピュアSSD構成の最新ハイスペックサーバーと国内最大級732Gbpsのバックボーンを組み合わせて運用する事により、圧倒的な高性能です。
数千リクエスト/秒の圧倒的なアクセスにも対応可能な、LiteSpeed独自のキャッシュ機能LiteSpeed Cacheを標準で搭載したレンタルサーバーです。

mixhostが選ばれる主な理由は
  1. 全てのサーバーでピュアSSDを採用。最新のハイスペックなレンタルサーバー
  2. ApacheよりもNginxよりも高速WebサーバーLiteSpeed Webサーバーを採用。
  3. Webサーバーと連携したキャッシュプラグインでWordPressが非常に高速に動作
  4. 日本初のHTTP/2に完全対応し、より高速なSSL対応サイトを実現
  5. 無料独自SSL証明書でSSLに対応した高セキュリティなWebサイトを無料・無制限で運営可能
  6. サーバーはマルチリージョン対応で日本、及び米国西海岸の大手のデータセンターに設置
  7. 間違えて削除しても自動バックアップで過去14日分のバックアップからデータを復元
  8. 国内最大級732Gbpsの高速バックボーンで高速通信を実現
  9. Webアプリケーションを通した不正侵入を防御できるWAFを提供。
  10. メールやWeb全てに対応したウイルススキャン、スパムメールフィルタを提供。
といったことです。

mixhostは、月額880円からご利用いただける、高速・高機能・高安定性を追求した、ピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

また1サイト4,980円のリーズナブルなWordPress移転代行サービスもあるので複雑なWordPressの移転もらくちんです。
 スタンダードプレミアムビジネスビジネスプラスエンタープライズ
初期費用0円0円0円0円0円
月額料金(税抜)880円1,780円3,580円7,180円14,380円
ディスク容量SSD 150GBSSD 250GBSSD 300GBSSD 400GBSSD 500GB
メモリ4GB8GB12GB16GB32GB
10日間無料お試し
マルチドメイン無制限無制限無制限無制限無制限
データベース無制限無制限無制限無制限無制限
月額利用料は12ヶ月契約での金額です。

wpX

wpXレンタルサーバーは、大量アクセスに強い、高速で快適な動作環境と、使いやすい機能を多数備えた、WordPress専用のレンタルサーバーです。
  wpXレンタルサーバー
月額料金(税抜)1,000円
ディスク容量SSD 30GB
マルチドメイン10個
メールアカウント無制限
設置可能なWordPress10件
独自SSL無料
MySQL500MB
PHP7/PHP5対応
月額利用料は12ヶ月契約での金額です。

wpX(ダブリューピーエックス)レンタルサーバーが選ばれる主な理由は
  1. 最新高性能サーバーの採用
  2. SSDストライピング構成によるディスクI/O速度の高速化
  3. WordPressが常に快適に動作する高速環境を提供
  4. 独自の高速化システムとしてリバースプロキシによるキャッシュ処理
  5. 高速webサーバのNginx採用
  6. 232Gbpsの大容量バックボーンですべてのサーバーを接続
  7. セキュリティ完備の国内データセンターで管理し快適な環境を提供
wpX(ダブリューピーエックス)は、人気ブログツールであるWordPressを用いたサイト運用に特化したレンタルサーバー&クラウドサービスです。

WordPressを高速に表示するために最適化された専用システムを採用しており、負荷に強く高速なサイト運用が可能となります。

まとめ

WordPressでサイトを構築するなら絶対に表示速度の速いレンタルサーバーを選択すべきです。
これを間違えるとせっかく作ったサイトが見られなくなり、レンタルサーバーの引越しなどの余計な手間がかかります。
じっくりと検討してからレンタルサーバーは決めましょう。

以上、「レンタルサーバーを選ぶときに重要なポイント5つ」でした。

-レンタルサーバー
-, , ,

Copyright© 格安レンタルサーバー徹底比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.