WordPressで「リダイレクトが多すぎます」が発生。原因は「Custom Permalinks」プラグイン

WordPressで運用しているサイトには時に思わぬトラブルが発生することがあります。
今回はサイトにアクセスすると「ERR_TOO_MANY_REDIRECTSリダイレクトが多すぎます」という表示でサイトにアクセスできなくなりました。

割とよくあるエラーの「ERR_TOO_MANY_REDIRECTSリダイレクトが多すぎます」。でも解決方法はなかなか特定するまで大変でした。
WordPressでの「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS。リダイレクトが多すぎます」の対処方法です。

WordPressでの「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS。リダイレクトが多すぎます」エラー

まず、このWordPressでの「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS。リダイレクトが多すぎます」が発生したタイミングですが、サイトのトップページ(フロントページ)を「固定ページ」に設定すると発生しました。規定値の「最新の投稿」では発生しませんでした。

対応1.ブラウザーのキャッシュを消す

検索して見つけたのは使用しているブラウザー「Chrome」のキャッシュを消すというものでした。
消してみましたがサイトは相変わらず「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS。リダイレクトが多すぎます」です。
他のブラウザー「InternetExplorer」でサイトをみてもエラーになるので違う。

対応2./wp-includes/template-loader.phpを修正

検索して出て来たのはWordPressのファイル「/wp-includes/template-loader.php」に「リダイレクト」している箇所があるのでそれをコメントアウトしようというものでした。
「do_action(‘template_redirect’);」を呼び出している箇所をコメントアウトする。

これだけでサイト表示されるようになりました。

でも他の問題が発生しました。

今度はサイトの「XMLサイトマップ」にアクセスできないという問題が発生しました。
正確には「sitemap.xml」にアクセスすると「サイトのトップページ(フロントページ)」が表示されます。
当然Google Search Consoleでサイトマップを送信するとエラーになります。
これはまずいです。

なので「/wp-includes/template-loader.php」は元に戻しました。

.htaccessを確認する

次に見つかったのは「.htaccess」があやしいというものでした。
でもこのファイルは修正してないし、サーバーのファイル更新日時見ても変わってない。
とうことで対策から除外。

テーマを変えてみる

WordPressのテーマを変えてみましたが、関係ありませんでした。

プラグインを疑ってみる。原因は「Custom Permalinks」

ここまで来てお手上げ状態になったので基本に戻ってインストールしているプラグインを停止して見ました。
するとサイト無事にトップページ(フロントページ)が表示されました。
犯人はどうやらインストールしているプラグインです。

ここからは順番にプラグインを有効化していきます。

で、プラグインの「Custom Permalinks」を有効化した時にエラーが発生しました。

これはでもカスタムでパーマリンクを設定しているので動作させれないのは辛い。

サイトのトップページ(フロントページ)を固定ページにするのを諦めようかと思いましたが、もう少しトライアンドエラーをと言う事で設定みてみました。

設定は
(カスタムパーマリンクの方法を設定する画面ではないです。)
パーマリンク設定
で見れます。
パーマリンク設定
このような画面が表示されると思います。

ここで表示されているサイトとURLを見ると実は「消した(ごみ箱に移動した)はず」のものや「URLの設定でミスをしてなおした」ものが表示されていました。

ダメもとでこのURLのチェックボックスをONにして「Revert」ボタンを押下して、サイトにアクセスしてみるとなんと「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS。リダイレクトが多すぎます」が出ずにちゃんと意図した固定ページのトップページが表示されました。

当然「XMLサイトマップ」も「sitemap.xml」でアクセスすると正しい内容で表示され、Google Search Conoleに送信してもエラーになりません。

まとめ

今回の「ERR_TOO_MANY_REDIRECTS。リダイレクトが多すぎます」の原因は「Custom Permalinks」が残してくれていたURLが原因だったようです。
やはりトラブルが起きた時は基本に立ち返って「プラグインとの相性」を見直すことが解決への第一歩です。